富合サウナランド(熊本市)

1548723146574-24451.jpg

どうも!またまた九州サウナ放浪記に寄稿させて頂きます!熊本サウナーのDDD@転勤族サウナ愛好家と申します!

今回は熊本が誇るアングラ系ハードコアサウナである田迎サウナと双璧をなすレベルの『富合サウナランド』を紹介させて頂きます!

――――
○富合サウナランド(男女)

IMG_20190406_090923.png

料金 600円
時間 24時間
定休 年中無休
+1500円で個室部屋(全5室)に宿泊可能。

アクセス
JR鹿児島本線 宇土駅徒歩10分

福岡から鹿児島まで縦断する国道3号線沿いに佇むバイパスサウナといった趣のあるサウナです。

――――

入口に聳える神々しすぎる太陽のイラストから熊本サウナー勢に尊敬と畏怖の念を込めて『太陽神』というあだ名で呼ばれております(名付け親は僕です!笑)

施設自体が何年営業されているかわかりませんが、中々の老朽化具合だったため2019年の1月から3月までリニューアル工事を行った後、新・太陽神として復活しました。

リニューアル後にさっそく太陽神に入信して来ましたので、レポートさせて頂きます(リニューアルオープン日が3/7のサウナの日という何ともこだわりようです)

IMG_20190406_215447.png
(夜中でも神々しく輝く太陽神へライドオン!いや、入信!アンビランバン バンビランバン ハンマーカンマー)

入ってみてビックリしたのが、入口から休憩室、脱衣室まで綺麗に改装されていること!

本気でこの先も営業を続けるという気概を感じます。また、前はものすごく煙草臭かったのが完全分煙になったのも、嫌煙家にはありがたい。このご時世を反映している。

今の時代は女性だけでなく男性も嫌煙家はいらっしゃいますし、僕自身サウナ施設には分煙であって欲しい派なので非常に嬉しいです。


IMG_20190406_215641.png
(休憩室もめちゃくちゃ綺麗に改装。前は煙草臭かったのに完全分煙に。料金を払えば仮眠室・個室仮眠室も利用可能なので、旅の拠点にもなりそう!)

浴場は変わらずの広さで4~5人入ればいっぱいですが、天井や壁がしっかりと修繕されていて年季を感じないです。また、浴槽の2倍くらいの広さの水風呂は10名以上は入れるくらいの広さ。この辺りにサウナ店の矜持を感じますね。 

サウナ室も壊れそうだった木材を綺麗に修復。ぼろぼろだったサウナ室の入口も修復されていました。が、少し隙間があるみたいで前みたいに110度近くまではいけてない。それでも98度ほどあり、十分に発汗できます。

TV無しでBGMは延々と演歌か昭和歌謡が流れるのもサウナ室の雰囲気と非常にマッチしています。

IMG_20190129_112755-7df3b.jpg

設定としてはカラカラ系の高温ピリピリ。熱に灼かれる感じで熊本には珍しい昭和ストロングスタイルの感覚がたまりません。

サウナマットも使い放題でフカフカ。水風呂の広さといい、サウナマットが新しいのもサウナ専門店のこだわりでしょう。

水風呂は鉄分豊富な茶褐色の地下水を掛け流し。チラー無しのため20度程度。ミネラルが豊富なのが入ってすぐにわかる柔らかさで身体の周りが膜で包まれる感覚です。

IMG_20190406_090938.png

まるで裸で柔らかい毛布を被った時のような心地良さ。田迎サウナや湯らっくす、また白川水源近くで非常にクリアな水風呂が味わえる南阿蘇などの施設とはまた違う素晴らしき水風呂で、じっくりと優しい肌触りを味わえます。

そして、太陽神の素晴らしいところはバスタオルとハンドタオル付きで24時までなら600円という格安な料金設定!これなら手ぶらで行っても全く問題ありませんね。

IMG_20190406_214525-ddc82.png

入口に聳える太陽神に圧倒されますが、熊本に来た際には是非体験するべきサウナ施設だと思います。
皆様も熊本にお越しの際には太陽神を拝みに参られてはどうでしょうか!?

――――
【補足:太陽の看板の由来】

なぜ太陽の看板なのか?調べてみましたが、情報が少なすぎて正確な真相は分からずじまいでした。

関係がありそうな情報だと、富合は地形的に昔は有明海の一部だったそうです。

IMG_20190406_221254.png

埋め立てなどにより居住ができる土地となりましたが、平坦な低湿地帯であることから洪水の常襲地帯であり、昭和40年代には度重なる水害に見舞われていたようです。

近隣の神社では天照皇神を奉ってあったりもするので、もしかすると地域で太陽(晴れの日)を崇める風習があったのかもしれないですね。

この記事へのコメント