島原半島放浪記(ホテル南風楼~熊本湯らっくす)

博多サウナーぷりかです。
島原半島放浪記3日目。今日は島原市内から熊本湯らっくすライドオンを目指します。

湯快リゾート東洋館でモーニングバイキング。朝からたくさん!今日の活力の源です。1泊お世話になりました。

IMG_20190327_072245-1587x1190-cea50.jpg

雲仙バスセンターから島原に向かいます。バスセンター内で料金を先払いできるので安心。

IMG_20190327_110620-1587x1190.jpg

乗車して約30分。島原外港に到着!

目的地に行く為には島原駅で下車した方が便利ですが、島原外港ではレンタルサイクルが借りれるので下車しました。

IMG_20190327_115514-1587x1190.jpg

残念なことにレンタルサイクル全部貸し出し中だった…(^^;
今回のサ旅はあまり歩いていないので、少しは歩け!ってことなのかな…(笑)他に選択肢もないので歩いて向かいます。

IMG_20190327_115121-1587x1190.jpg

途中で南島原駅を通過したのでパチリ。長崎には3年間住んでいましたが、ゆっくりと島原を散策するのは初めてなので新鮮です。

IMG_20190404_134337.jpg

Twitterで熊本サウナーDDDさんとアホなやり取りをしていたら、いつのまにやら目的地のホテル南風楼に到着してました。

○アクセス
島原外港徒歩20分。
※島原鉄道島原外港駅→島原駅でも行けます。

――――

○ホテル南風楼(男女)※女性側同設定確認済

IMG_20190327_122353-1587x1190.jpg
料金 1000円
時間 7時~23時
定休 年中無休

「退屈を感じさせない楽しく自由な時間をお客様に」をコンセプトにした創業110年の老舗ホテル。有明海沿いの開放的な立地を活かしたアクティビティの数々は一見の価値あり。

―――――

外観は少し古めですが中は超オシャレ!
もうロビーの段階から「ほんとに老舗ホテルなの??」と疑問が浮かぶリゾート感が漂っています。

IMG_20190327_131716-1587x1190.jpg

館内にはグランピングにプール、牧畜ゾーンにゴルフ広場やドッグランまでアクティビティがとにかく豊富!思い付く限りの遊びゾーンが揃っています。

IMG_20190404_133457.png

キッズコーナーも充実。子供連れやペット連れでもゆっくり満喫できそうです。

IMG_20190327_131742-1587x1190.jpg
▼山羊に餌やりも体験できる。人に慣れていてアグレッシブ(笑)

南風楼は明治41年創業の老舗ホテルではありますが、現4代目の田浦社長がなかなかぶっ飛んでいるご様子。

IMG_20190404_140256.png

2014年には破産申請を行うほどの危機に直面していた南風楼。

その後がない状況から「挑むは常識!目指すは温泉革命!旅館の夜をもっと楽しく!もっと自由に!」を旗印に前に進み、今の南風楼を作りあげたんだそうです。

有明海を挟んで東の熊本湯らっくす・西生社長もかなりの革命男児ですが、西の南風楼・田浦社長も負けていません。有明海はいつの間にやら>MADMAXな海域になっていたようですね(笑)

1554347043018.jpg

さて大浴場に行ってみましょう。まず目を引いたのが脱衣所の清潔さ。モダンな造りの脱衣所は清掃が行き届いてとても綺麗。

IMG_20190404_140121.png
▼化粧台はドライヤーゾーンとパウダーゾーンが分けてあります。

大浴場の扉を開けると目の前には圧倒されるほど雄大なオーシャンビュー!

IMG_20190404_132523.png

浴場内には源泉かけ流しの内湯がひとつ、ドライサウナ・塩スチームサウナが各ひとつ、湧水かけ流しの水風呂がひとつ。

IMG_20190404_172203.png

露天スペースには白湯、美泡風呂、ミクロ泡風呂、ジャグジー風呂、壺湯、寝湯。男性側にはプラスで寝ころびジェットバス、座湯があります。

IMG_20190404_140043.png

サウナは遠赤外線ヒーター1基。2段TVあり、島原産のひのきを使った総ひのきサウナです。

温度計表示は102℃~106℃ほど。湿度高め、熱循環も良好。段を移動しても熱量がしっかりとありました。他の九州サウナで例えると熊本の田迎サウナに湿度を増した感じですかね。

IMG_20190404_122734.png

あくまで個人的な感想ですが発汗はかなり早かったです。2段目は湿度の高さによる息苦しさを少々感じましたが、短時間でも体の内部までしっかりと熱が通ったので問題ありませんでした。

隣には塩スチームサウナ。スチーム量はそこまで多くはありませんが、展望サウナになっていてこちらも気持ち良く利用できました。

IMG_20190404_132329.png

個人的には水風呂がかなり良かった。島原湧水かけ流しの水風呂は17℃~17.5℃ほど。軟水寄りで入りやすいですが体感はもう少し低めにも感じます。

島原湧水は脱衣場の水サーバーで飲むこともできます。ミネラル豊富でとても甘い!美味しくてじゃぶじゃぶ水分を吸収しちゃいました。

IMG_20190404_173151.png
▼画像は島原湧水庭園「四明荘」の湧水

休憩は露天スペースで。籐の座イスとフラットチェアが沢山あります。
イスによってはミニテーブルやオッドマンが付いている席もありました。

IMG_20190404_132454.png

露天風呂の先にはお一人様用の海テラス席もあります。公式画像では椅子が2つありますが僕が訪問した時はひとつでした。(代わりにオッドマンがありました)

IMG_20190404_172031.png

露天には珈琲や水のサーバーが置いてありなんと無料。宿泊者専用でアイスキャンディBOXもありました。その横には暇潰し用に雑誌も置いてあります。

IMG_20190404_122806.png

施設の綺麗さや遊び箇所の豊富さにもおどろきましたが、サウナも個人的にはかなりレベルが高かったです。

特に女性サウナは男性側と同じ設定とのことですので、数値上では九州の女性サウナとしては1番熱いサウナの可能性もあるのではないでしょうか。

インスタ映えしそうなラグジュアリー感の高さやグランピング等のオプションの豊富さも女子心をくすぐるのかもしれませんね。南風楼の本気は夜にあるらしいので、今度は泊まりか夜に訪問してみたいですね。

IMG_20190404_180036.png

――――

次は島原市街へ向かいます。

当初は島原城へ向かう予定でしたが、南風楼で出会った島原湧水に興味を惹かれたので、湧水群巡りに変更。

普賢岳から広がるマグマ地帯の島原半島は頂上の硫黄地獄「雲仙温泉」を起点として、西麓には沸点オーバーの熱の都「小浜温泉」があり、東麓には10℃台の湧水が湧く水の都「島原温泉」が広がっています。

IMG_20190327_150304-1587x1190.jpg

城下町の風情を残す街中には鯉が泳ぐ水路がいっぱい。

IMG_20190404_201407.png

1日約300トンの水が湧く『島原庭園四明荘』(大人200円)

IMG_20190404_195414.png

湧水マップやかんざらし体験ができる『しまばら湧水館』(無料)

IMG_20190327_134344-1587x1190.jpg

湧水巡り楽しすぎる…!
島原にも一泊すればよかった…!
次来るときは絶対に泊まりで来よう。

IMG_20190327_135351-1587x1190.jpg

昼飯時だったので、湧水群にある食事処ほうじょうへお邪魔します。

IMG_20190327_135634-1587x1190.jpg

ご当地名物島原そうめんも美味しそうでしたが、さばの味噌煮に心惹かれて日替わりランチを注文。

IMG_20190327_140325-1587x1190.jpg

落ち着きあるお座敷で食べる食事はたいへん美味でございました。ご馳走さまでした。

IMG_20190327_142945-1587x1190.jpg
▼島原スイーツ"かんざらし"もあります。


お腹が満たされて幸せなので、さらなる幸せをむさぼるべく商店街にやってきました。

IMG_20190327_144308-1587x1190.jpg

店の並びに唐突に出現するゆとろぎの湯へライドオン!

IMG_20190404_232236.png

はい。どーん!油断しているとこれだよ!

ははっと乾いた笑いが漏れる37歳。サウナのおかげでお肌だけはツルツルです。

IMG_20190327_143331-1587x1190.jpg

他のサウナは九十九ベィホテルが残っていますが、残り時間と距離的にタイムアップ。
最後は閉館で島原放浪終了です(笑)

散策しながら島原外港に戻ります。
途中ねぶた様がいらっしゃった。
信仰心が足りないからなのか僕には就活をやめたニートにしか見えませんでした。(失礼)

IMG_20190327_144624-1587x1190.jpg

島原外港駅からフェリーに乗って熊本に向かいます。さようなら長崎!また遊びにくるよー!!

IMG_20190327_162850-1587x1190.jpg
○島原外港→熊本港830円(約60分)
※他に約30分就航のオーシャンアローがあります。

フェリーで約1時間。熊本港に到着です。事前に予約しておけば熊本港から熊本駅までの無料シャトルバスを利用できます。

IMG_20190328_083125-1587x1190.jpg

熊本駅から見慣れた道を歩いて約20分。湯らっくすー!!会いたかったぞー!!!

IMG_20190328_080613-1587x1190.jpg

早めに到着できたので、何回もサウナに入り浸りました。途中で塩サウナの扉の外にDDDさんを発見。久しぶりに誰かとサウナセッションしました。

ロウリュタイムもばっちり堪能。アジアの大砲ジワンくん「風神」福永さんのアウフグースを完走。福永さんのアウフグースは2段目で受けたので次こそは3段目だな…!

サウナ後は美味しい麻婆麺をいただいて就寝。

IMG_20190328_101536-1587x1190.jpg

翌朝は10時から博多で仕事なので、朝ウナ決めて湯らっくすからエクストリーム出勤です。またくるよー!!

IMG_20190328_080505-1587x1190.jpg

博多まで40分で到着できるのでサウナ旅の〆は湯らっくすから出勤するもありだな…!と気づきました。幸せだったので次もしてみよう。

―――――
【あとがき】

これで今回のサ旅『サウナサンから湯らっくすへ!島原半島放浪記』は終了です。

今回の旅で回ったサウナは
・サウナサン(再訪)
・味処湯処よしちょう
・湯守の宿湯元ホテル
・湯快リゾート東洋館
・ホテル南風楼
・熊本湯らっくす(再訪)

の合計6サウナを訪問させていただきました。島原半島を回ってみた結論としては、島原も雲仙も小浜もとても楽しかった!

IMG_20190405_000359.jpg

サウナサンと湯らっくすの間の通過点として見るのではなく、島原半島訪問は一泊するだけの価値があるなと思いました。

特に南風楼は今度は宿泊込みで再訪してみたいと思います。

これで島原半島放浪記は終わりです。そして今回で104サウナ(うち車利用が2サウナ)訪問したので『北部九州を公共機関で100サウナ』の旅も終了です!

約1年間、自己満足な駄文に付き合って頂いた皆様。本当にありがとうございました!

そして各地で取材させていただいたり、撮影をご承諾いただいた施設の方々、協力していただいたご当地サウナーの皆様、訪問した100サウナ施設に心より感謝です!

1554390679137.png

せっかく100サウナ回ったので、また別記事で総括でも書くかも?しれないです。

100サウナは終わりましたがサウナ旅は続けます。次はそのまま「九州を公共機関で200サウナの旅」に移行しようかな?(笑)

5月からは新しい目標を定めて新たなサウナ旅へ出発する予定です。それではまた次のサウナ旅まで!さようなら!

1545996863893-5aed3.jpg


この記事へのコメント