2018年九州サウナ旅総括記①~総合満足度・訪問苦難編~

こんにちは!博多サウナーぷりかです。

1545996863893.jpg
『九州サウナ放浪記』を書きはじめて8ヶ月が経ちました。


そもそも「なぜサウナ旅をしているの?」というところを何にも説明していなかった気がするので、この機会に簡単にぶっこんでおきます。

1545997244309.jpg
元々はTwitterでひろぽんさんの“サウナマップ“の存在を知ったのが最初のきっかけでした。

「東京は公共機関で行けるサウナがこんなにあるのか。。」と衝撃を受けたものです。


IMG_20181228_203643.png
その後に九州のサウナマップを見ていると「あれ…?九州も車なしで行けちゃうサウナ多いんちゃうの?」と思ったんです。


「それなら実際に自分の足で行ってみよう!」


と思いたったのが【北部九州を公共機関で100施設放浪するサウナ旅】をはじめたきっかけでした。

1544860104885.jpg
2018年の4月から旅をはじめて今月で9ヶ月目。
12月28日現時点で訪問した九州サウナは『84施設』

あと16施設ですが、行きやすい施設は行き尽くしちゃったので、80施設あたりから伸び悩んでいたりします(^^;


1545998020641.jpg
放浪記的には全然キリよくないんですけど、2018年のサ活の総括ということで。

私が行ったサウナ旅の中から、個人主観で色んな部門ナンバーワンを紹介していきたいと思います。

――――――――――――――――
【満足度が1番高かったサウナ】

IMG_20181228_210121-432x578.png
◎サウナサン(長崎)(男性専用)

2018年で私の満足度が1番高かったサウナは長崎佐世保の“サウナサン“でした。

次点では“源じいの森温泉(福岡)““湯らっくす(熊本)“が入ります。

3施設ともに水風呂のレベルはとても高い!

IMG_20181228_210705.png
サウナは湯らっくすの"メディテーションサウナ"が熱量高くて最高だったなぁ。

IMG_20181228_210841.png
良バランスからの森林浴と星空を楽しめる"源じいの森温泉"も本当に良かった。


その中で、12月に再訪した“サウナサン“は8月に行った時から、また一段階アップグレードした印象を感じさせてくれました。

IMG_20180827_003546-432x284.png
前提として、単純にサウナと水風呂のセッティングが私の好みドンピシャで、1番気持ちよかったというのもあります。


それでいて「お客さんに満足してほしい」という気持ちが、ダイレクトに伝わってくる点がとても印象に残りました。

サウナ室をより良くしたい。
水風呂をより良くしたい。
接客でも気持ちよくなってほしい。

心も体も、より気持ちよくなれるホスピタリティ精神の高さがサウナサンの真骨頂なんだと思います。

1546006424713.jpg
再訪した時に「ただいま!」と言いたくなるサウナ。
帰る時に「また来るね!」と言いたくなるサウナ。

それがサウナサンなんです。

この代えがたい印象度の高さから、今年1番満足度が高かったサウナはサウナサンで決まりだなと思いました。

――――――――
【行くのが1番大変だったサウナ】

IMG_20181228_232442-393e2.png
◎ペルラの湯舟(熊本)(男女)

新幹線 博多駅→熊本駅(40分)
バス  熊本駅→天草車庫(150分)
徒歩        15分
合計        3時間30分ほど

IMG_20181228_233208.png
最短ルートを使っても3時間30分。
徒歩区間がほとんどなかったにも関わらず、>ペルラの湯舟が断トツできつかったです。


何が辛かったかと言うと、産交バス片道2時間30分がもう鬼畜


腰に来ます。さらにガタガタ揺れるのが追い討ちをかけます。もちろん帰りも腰にきます。

そんなペルラの湯舟の苦労が報われた瞬間は露天スペースに出た時にありました。

1534288182583-396x528.jpg
有明海のインフィニティ・オーシャンビュー!!
この景色だけでも、天草まで来た甲斐があったというものです。

1532910908065-396x528.jpg
サウナも見晴らしの良い展望サウナ。

1534288099901-396x528.jpg
3段目は拳ひとつ分の天井幅で熱をしっかり受けることができます。

1534287963242-396x528.jpg
日本100名水に選ばれている水風呂も冷却感が強くて気持ちが良かったです。

―――――――
【行ってからが1番大変だったサウナ

IMG_20181023_193547-a66d5.jpg
◎英彦山温泉しゃくなげ荘(男女)

○福北ゆたか線 博多→新飯塚
○田川後藤寺線 新飯塚→田川後藤寺
○日田彦山線 田川後藤寺→添田
○町バス 添田→英彦山
合計3時間

乗り換えは多かったものの、時刻表に気を付ければ、行くのはそこまで大変じゃなかったしゃくなげ荘。

しゃくなげ荘は英彦山登山口の入り口付近にあります。
山のサウナなら、山に登ってからサウナに入る派の私は例に洩れずに英彦山にも登りました。

IMG_20181228_234901.png
が。英彦山は標高1199mのガチの山。
大宰府の宝満山(都久志の湯)や、筑後の馬耳山(ビューホテル平成)にも登りましたが、だいたいは低山にある他の山荘サウナとはレベルが違いました。

IMG_20181023_102148-1587x1190-31a88.jpg
登りだけで2時間30分。
最初に飛ばし過ぎたこともあって、途中で「これ、山頂から降りれる体力残ってるんやろうか…」と不安になるほど息も絶え絶え。。
予想以上のガチ登山になりました。

しゃくなげ荘訪問の苦労が報われた瞬間は激うまなサウナ飯!

1540279426229-c23dd.jpg
山雨で冷えきった体に熱を与えてくれたサウナ。
山水を活かした15℃の水風呂で超回復。

IMG_20181228_235924.png
露天から見えるのは先ほどまで登っていた英彦山。
苦労をしたからこそ、この風景には尚更感動を覚えました。

IMG_20181023_140807-1587x896-ae688.jpg
IMG_20181023_135243-1587x896-b7c31.jpg
サウナ飯のおでん。
何の変哲もないただのおでんです。

これがアホみたいに美味かった…!!

カロリーを大消費した体に入れるサウナ飯がこんなにも美味しくなるものだったとは…!
涙が出そうなくらいに美味しかったです。

―――――――
今回は
【満足度が高かったサウナ】
【行くのが大変だったサウナ】
【行ってからが大変だったサウナ】
のそれぞれ1番だった施設を紹介しました。

あと2記事分くらい何か書きたいと思っています。(ネタ浮かんでない。)
どうか宜しくお付き合い下さいませ!ヽ(°ω°)ノ

この記事へのコメント