ぷりかの長湯温泉放浪記3(御前湯、ほていの湯)

長湯温泉2日目は5時半に起床。

早速、朝ウナに出掛けます。


―――――
【温泉療養文化館 御前湯】

IMG_20181120_064900-1587x1190.jpg
安永10年(1781年)に岡藩によって建設された古い歴史を持つ湯屋です。

◼️データ◼️
料金 500円
営業時間 6時~22時
定休日 第3水曜日
アクセス 長湯温泉街
1F・3F入れ替え有(日替わり・どちらもサウナ、冷泉有)

IMG_20181124_083022.png
こちらが開業当時の御前湯。
現在の御前湯は平成10年に建て替えられたそうです。
結構変わってますねー。

―――――
【サウナ】

1542667646097.jpg
遠赤外線ストーブ1基。
6~7人規模2段の造り。
ストーブを囲むような段の配置になっており、どこに座ってもしっかり熱を感じることができます。
湿度 乾~並
輻射 並
循環 並~優
といったところでしょうか。

1542667698752.jpg
個人的には朝イチサウナはTV付きが好きです。

朝はサウナに集中しすぎずに、時事ネタをチェックしながらのライトなサウニングがちょうどいいと思います。

発汗にもこだわらずに、さくっと6分×2セットいただきました。

―――
【水風呂】

1542667605251.jpg
濃い温泉成分が見てとれる源泉かけ流しの冷泉。
外気変動ですが、元の源泉が28℃なので25℃を下回るほどにはならなさそうかなー。

この日は早朝気温2℃に対して27.2℃でした。

がっつりキメたいときには高過ぎる水温ですが、浅く気持ちよくなりたい朝にはキマり過ぎず、ほどよく気持ちが良かったです。

IMG_20181124_083928-73b17.png
外気浴スペースにはベンチが1台。
長湯を貫く雄大な芹川を見渡せます。

入浴時には気がつきませんでしたが、露天風呂もあるみたいです。


IMG_20181124_084032-8e838.png
今回は1Fだったので入れませんでしたが、
3F大浴場は展望風呂になっているみたい。

IMG_20181120_064404-1587x1190.jpg
湯上がり後には畳の大広間で休憩。

IMG_20181120_064433-1587x1190.jpg
ベランダもありました。

IMG_20181120_064535-1587x1190.jpg
素晴らしい眺めですが、年季が入ったベランダでちょっと怖い((( ;゚Д゚)))

【まとめ】
IMG_20181120_064204-1587x895.jpg
冷泉が温度高めだったので、がっつりサ活には厳しいものがありました。

ですが、秋口~春先にかけての長湯温泉の朝は外気温が低いので、朝ウナにはオススメできます。

サウナで暖まる→冷泉で水質を楽しむ→サウナで暖まる→帰り道の外気温で悦に入る。

というルーティンも可能です。

環境を上手く利用すれば、御前湯は
"水温低いところだけが良いサウナなわけじゃない"を示してくれる良き施設だと思います。

―――――

IMG_20181120_065920-1587x1190.jpg
せっかく早起きしたので、散策しながらかじか庵に戻ります。

IMG_20181120_065714-1587x1190.jpg
町営温泉「長生湯」がありました。

IMG_20181120_065624-1587x1190.jpg
お金を入れたら入り口が回転するスタイル。

IMG_20181121_110941-1587x1190.jpg
長湯温泉街。こちら側は居住者向けの通りです。

IMG_20181120_140700-1587x1190.jpg
補給拠点になる長湯温泉唯一のコンビニ。
ヤマザキデイリーストア。
イオンウォーターもありました。
24時間営業ではなく、8時~20時までの営業になります。

―――――
かじか庵に戻ってきました。
朝イチ風呂と朝食を頂き、少し休憩してから、再び出立!ヽ(°ω°)ノ

IMG_20181120_102626-1587x896.jpg
まずは長湯温泉観光協会へやってきました。

IMG_20181120_120247-1587x895.jpg
目的はもちろんこれ!

レンタルサイクルゲットー!ヽ(°ω°)ノ
山間部の僻地なので、電動自転車です。

2時間200円、4時間500円、4時間以上800円でレンタルできます。

IMG_20181120_134233-1587x1190.jpg
レンタル自転車があれば、多少遠距離でも行けちゃいます。

まずは自転車漕いで7kmほどにある「朽網温泉ほていの湯」に向かいます。

あまりアップダウンもなく、30分ほどで到着しました。

――――――――――
【朽網温泉 ほていの湯】

IMG_20181120_110059-1587x895.jpg
夢枕に立った布袋様のお告げで温泉を掘ったら湯が出た!という誕生秘話があるそうです。

◼️データ◼️
料金 500円
時間 10時~22時
定休 第2木曜日
アクセス 長湯温泉街から自転車30分ほど


――――

建物自体はさほど大きくないですが、
敷地がだだっ広い。
車を止める場所には困ることもなさそうです。

IMG_20181125_092158.png
60台くらいは停められそう。
てか、空気が澄んでいてめっちゃ綺麗。

――――
【サウナ】

1543105910140.jpg
温度計表示は90℃安定。
遠赤外線ストーブ1基の2段4人規模。TVあり。

セッティングは
湿度 乾~並
輻射 並
循環 並
といったところ。

すごく良いわけではないものの、オーソドックスなサウナ環境で安定した発汗。

11分×2セットいただきました。

―――
【水風呂】
1543106023567.jpg
井水かけ流しの水風呂は時期変動あり。
11月下旬外気温17℃の環境で、水風呂は測定15.5℃。

この時期にこの水温なら、年間通しても冷たい水風呂が期待できそう。

独特の冷え感があり、しっかり身体の芯から冷やすことができました。


1543107124555.jpg
露天に椅子はないため、岩風呂のふちに座って休憩。

空気がうまい!

内湯には椅子が1脚ありした。

―――
【温浴】

1543106413829.jpg
温泉は内湯1つに露天が2つ。

天候によって湯色が変化する不思議な湯であることから「七色の湯」とも呼ばれています。

1543106333346.jpg
こちらは非常に珍しい露天の北投石風呂。

台湾の北投温泉、秋田の玉川温泉、そして大分の豊後朽網温泉の世界で3箇所にしかない天然記念物の鉱石を使った湯船です。

ラジウムを含む5種類の放射能が出ている薬石で、療養風呂としても非常に価値が効果が高いとのこと。

IMG_20181125_101248-1476x716.jpg
効能は上記写真を参考にしてください。

―――
【まとめ

IMG_20181125_101845.png
サウナはしっかり温感も良く、水風呂はしっかり冷感強くでバランス良く楽しめました。

要望を言えば、岩に座るとお尻がちょっと痛かったので、露天に椅子かベンチが欲しいですね。

お風呂はほぼ貸し切り状態でしたが、食事どころは地元の皆様で賑わっていました。

皆さん、勝手知ったる我が家みたいな感じで楽しく談笑されていました。
マナーも良く、色々と優しく接していただいて、とても居心地が良かったです。

ありがとうございました。
――――――

さて、レンタルサイクルの貸し出し時間があと2時間ほど。
時間内で行けそうな近隣サウナは見当たりません。

IMG_20181120_123206-1587x896.jpg
"炭酸泉なら七里田に行くべし!"と名高い秘湯・七里田温泉が2.5kmほどの距離にありますので、そちらに行ってみましょう。

次回に続きます。

この記事へのコメント