ぷりかの長湯温泉放浪記②(かじか庵)

ラムネ温泉から「かじか庵」に戻ってきました。

夕食が20時までなので先に夕食をいただいてから大浴場に向かいます( ・∇・)

――――――
【かじか庵】

IMG_20181119_224303-1587x1190.jpg
"宿泊処かじか庵"
"湯処ゆの花"
"食事処せり川"
の3施設で構成される温泉宿。

旅館というよりは宿泊もできる温泉施設といった装いです。

◼️データ◼️
料金500円(食事を利用した場合は300円。宿泊者は無料)
時間10時~23時(宿泊者は6時~8時も利用可)
定休日不定休
アクセス長湯温泉街

―――――――
【サウナ】(※男湯のみ)

1542968812661.jpg

中型の電気ストーブ1基。2段3~4人規模のよくあるスタンダードなサウナです。ベース温度は90℃前後かな。

1542968930920.jpg

そのままだと湿度はやや低めですが、こちらでは大分県内で唯一「セルフロウリュ」が可能自分好みの湿度量に調整することができます。

アロマを混ぜた打ち水。かけすぎ防止のため水量は少なめです。心地良い薫りが室内に拡がります。

九州でセルフロウリュができる公共ドライサウナは"熊本湯らっくす"と"かじか庵"だけではないでしょうか?
サウナ好きには嬉しいサービスですね!

1542969082592.jpg

かじか庵のロウリュは少しコツが必要です。

中型の電気ストーブには受け皿がなく、エレメント直乗せのストーンにロウリュするため、ストーン上で蒸発する撃ち方をしないと、電極に水が落ちてしまい温度が下がってしまいます。

ストーンがしっかり熱していないと、ゆっくりかけても蒸発しないので、インターバルは15分くらい取った方がいいかな?と思いました。柄杓なのも難しい。。( ̄▽ ̄;)

水を撃つ際はゆっくりと、まんべんなく回しながらロウリュしてください。

何度かロウリュしていると、だんだんとコツが掴めます。

――――――
【水風呂】

1542969273423-f0a9f.jpg 

水風呂は井水かけ流し。
3日間利用しましたが、水温は17℃台で安定してました。水深60cmほどで3~4人規模です。浴槽は石なので足の指をぶつけないように注意!(ぶつけた)

1542969462379.jpg

外気浴は外にベンチ。内湯に椅子はありませんが、他にお客さんがいなければ、水風呂のふちでの休憩も可能です。洗い場用の椅子が沢山あるので、これを使ってもいいのかも。

―――
【まとめ】
総じてオーナー様がサウナ好きなんだろうなぁと感じました(笑)

多少の無理やり感はありますが、温泉地の宿泊処で、ここまでのサウナ設備が整っているのはありがたい限りです。

個人差があるので、あくまで僕の場合の話にはなりますが、ロウリュで温度さえ下げなければ、ばっちりとキマりました。

個人的には「サウナーが長湯温泉に宿泊するなら、"かじか庵"で決まり!」と言ってもいいくらいですね!

――――――――
【温浴】
1542969653999.jpg

"全館かけ流し宣言"の長湯温泉らしく、温泉はどこに入っても素晴らしいです。

1542667927252.jpg

内湯がひとつ。露天が2つ。(女湯は3つ)

IMG_20181121_091953-1190x1587.jpg

かじか庵では"底入れ底だし方式"で温泉が注がれているため、濃い温泉成分が浴槽内に残りやすくなっています。

1542667820408.jpg

朝イチで撮影した露天風呂。
大量の湯の花が成分の濃さを物語っていますね。

1542667874060.jpg

手を入れてみました。
湯の花割るの楽しい!

サウナーにとっては、やはりサウナがメインではありますけど、温泉も気持ち良かったのでオススメです。
―――
【サウナ飯】

IMG_20181123_203857.png

かじか庵併設の"せり川"では幅広いメニューの料理が味わえます。

IMG_20181119_200013-1587x1190-26674.jpg

1日目の夜ごはん【せり川定食】。


IMG_20181119_200024-1587x1190.jpgIMG_20181119_200018-1587x1190.jpgIMG_20181119_200032-1587x1190-06fa4.jpg

"エノハ(ヤマメ)"
"だご汁"
"とり天"
といった大分の郷土料理を1度に味わえるので超オススメ。ボリュームもたっぷり。

IMG_20181120_195717-1587x1190.jpg

2日目は沢山動いたのでがっつりめに"焼肉丼定食"。
サウナ後の肉うめぇす。

IMG_20181120_075639-1587x895.jpg

朝ごはん。どれもこれも美味しかったです。
特にヨーグルトが美味しかった。

―――
【宿泊】

IMG_20181119_154113-1587x895.jpg

今回はお一人様用のお部屋に泊まりました。
お風呂とトイレは付いていません。

地下にあるお部屋のため、景観などはありませんでしが、この広さと綺麗さで1泊5400円は破格だったと思います。

というか、地下には部屋数があまりないのか、3日間通して地下フロア自体が貸し切りのような状況でした。

IMG_20181123_203937.png

もちろん、風呂付きトイレ付きの部屋もあります。
ご予算や好みに応じて、部屋タイプを予約できますよ。

―――――――――
【あとがき】

IMG_20181123_204040.png

結果的に、3日間の拠点として"かじか庵"を選んで良かったです。

サウナ旅には自分に合わないサウナと出会うリスクもつきもの。

ですが、宿に帰れば素敵なサウナと美味しい食事が待っている!と思えれば、安心して旅を続けられるというものです。

長湯温泉に来たらサウナーはぜひ、かじか庵に泊まってみてください。
その安定感が、旅路にさらなるポジティブさをもたらしてくれますよ!

この記事へのコメント