武雄嬉野放浪記1(武雄温泉ハイツ、大正屋)

こんにちは。
前日夜から佐世保入り、サウナサンと喫茶くにまつを堪能したぷりかです(/・ω・)/
今日は佐賀に移動して嬉野温泉・武雄温泉を放浪してきます。
――――――――

IMG_20180904_140550.png

【佐賀県嬉野市】
IMG_20180904_141134.png

佐賀県の最西部に位置する温泉街。
泉質は美肌に効果がある重曹泉で「日本三大美肌の湯」にも選ばれています。


最寄りの駅はJRの【武雄温泉駅】もしくは【肥前鹿島駅】で、各駅からバスで約30分ほどの距離にあります。
博多駅から行く場合は高速バス「九州号」に乗るか、JR長崎本線武雄温泉駅で下車して、武雄とセットで訪問するかになりますね。
街並みは昔ながらの温泉歓楽街の名残を残しており、新規建造物の建築には消極的な地域柄。
歴史のある古い温泉宿が多いのも特徴です。
温泉のほかには嬉野茶が有名ですね。


【佐賀県武雄市】
IMG_20180828_145019.jpg

こちらは逆に新規建造物の建築に積極的な地域で、歓楽街というよりは普通の生活圏が形成されています。
こちらも美肌湯が特徴ですが、嬉野温泉に比べると硬質でやや温度が高いのが特徴です。
JR長崎本線沿線に温泉街があり、公共交通機関で訪問しやすいです。
温泉のほかには国重要文化財指定の楼門が有名ですね。

---------------------------------------------------------------
さて、嬉野武雄放浪から放浪メンバーが追加されます。


ぷりかのリアルおかん召喚!\( 'ω')/


今回はおかんの誕生日祝いも兼ねて、嬉野温泉に来ました。
おかん、喜んでいたけど。こっちはこっちで車があるのですごい助かります(笑)


早速ですが佐世保から車で移動すること30分ほど、
やってきたのは【武雄温泉ハイツ】です。



早速入ってみましょー!




(施設様から転載禁止を条件に撮影・掲載許可をいただいております。転載防止のため、通常より画像内のロゴを大きくしておりますのでご容赦ください。)
-----------------------------------------------------------------------
【武雄温泉ハイツ】
IMG_20180827_152804.jpg


武雄の小高い山の上にある、森と湖に囲まれた温泉ホテル。
620円で立ち寄り湯が利用可能です。
武雄温泉街とは少し離れたところにありますので、公共機関だと武雄温泉駅からタクシーで10分ほどかと思います。

1536030856545.jpg1536030810018.jpg

奥に大きめな内湯が一つ、左側に1人用の水風呂が一つ。入口横に3~4名規模ほどのサウナがあります。
露天風呂はなく、純粋に湯質を楽しむ造りですね。



【乾式サウナ】
1535350479559.jpg1536030539916.jpg

私が入った時のサウナは94℃~96℃ほどで安定。湿度は低めのドライサウナです。
サウナ室で特徴的だったのが、ストーブの高さが膝丈くらいの高さだったこと。
レンガ造りで密封性の高い室内と相まって、なかなかの蓄熱量があります。
輻射も強めで、発汗十分でした。
サウナマットやタオルはありませんので、お尻の下にしかないと大変ですよ!


【水風呂】
1535350665894.jpg1536030769818.jpg

各種口コミを見ているとシングルの場合もあるとのことですが、この日は12.3℃でした。
が、それでも痺れるくらいの冷たさには変わりありません!!!
キンキンやっっっ!!!!
前日訪問したサウナサンの「ゆる気持ちいい」水とはまた違った肌あたりで、「痛気持ちいい」水風呂です。
福岡だとグリーンランド中州の水風呂に近いかなぁ。
身体に超刺激を与える感覚で、シャッキリします。


外気浴やチェアはないので、洗い場の椅子を使って休憩。
あー。これはなかなか深いじんわり感がきてますねー。


そのまま3セットいただきましたが、
途中から、洗体→水風呂をハイペースで繰り返すおじ様が3名ほど入ってこられて、
なかなか水風呂が空かず、12分、13分ほどサウナ室に籠ってました(;^ω^)


--------------------------------------------------------------------------
武雄温泉ハイツを後にして、今夜の宿泊地【嬉野温泉】に向かいます。


今回はおかんのお祝いも兼ねていたので、ちょっと奮発して
【大正屋 湯宿清流】に宿泊しました。

IMG_20180827_170749.jpg


嬉野の旅館は、古さがどの程度のものなのかが気になりますが、
こちらのお宿は比較的新しく、清掃が行き届いていたこともありとても綺麗な館内でした。

IMG_20180827_174551.jpg
お部屋も広めの造り。全体的に階段も少なくて、バリアフリーにも配慮された造りです。

IMG_20180827_165737.jpg

全室から見える庭園。部屋数も少なめでゆっくりと過ごすことができます。



夕ご飯。
IMG_20180827_185844.jpgIMG_20180827_193031.jpg

佐賀牛の陶板焼き美味しかった!
給仕の子たちも地元の子なのか、愛嬌がとても良くてほっこり♪(*^▽^*)
おかんの誕生日も一緒に祝っていただきました(/・ω・)/感謝!!


-------------------------------------------------------------------
さてさて、お風呂タイムの時間です。
湯宿清流は嬉野温泉街最大手の「大正屋グループ」に属しているため、同グループの
【大正屋/四季の湯・滝の湯】【湯宿清流】【椎葉山荘】のお風呂が全部無料で入れます。


【大正屋/四季の湯】
IMG_20180904_143034.png

湯宿清流とは隣同士の立地なので徒歩で行けます。
こちらは立ち寄り湯も可能。
30人は入れるであろう、でっかい内湯が1つありました。


【大正屋/滝の湯】
IMG_20180827_214247.png

こちらはグループ施設の宿泊者専用。
四季の湯を小さくした造りで10人ほどは入れそうな内湯がひとつ。
サウナはこちらの浴場にありました。


滝流しの温泉源泉の上に作られているサウナは、温泉地熱を活用した湿式サウナ。
50℃~55℃ほどで、しっかりと体が温まります。
水風呂は残念ながらありませんでしたので、シャワーで代用。
ん~。。サウナが結構よかったので、やはり水風呂ほしいです!


【湯宿清流】
IMG_20180827_170952.jpg
こちらには内湯がひとつ、露天風呂がひとつあります。
四季の湯はお客さんが多くて、ゆったりとは入れなかったこともあり、お風呂は清流のほうが好みでした。
ただ、湯船の水深が膝くらいの浅さで、ちょっと入りにくかったかな(;^ω^)
清流はバリアフリー重視のお風呂みたいなので、致し方ないところでしょうね。


【椎葉山荘】
IMG_20180904_143107.png

こちらはちょっと離れた山中にあるため、車で10分ほど移動が必要です。
グループ宿泊者は、各宿から1時間に1本シャトルバスが出ています。
今回、こちらのお風呂には入りませんでしたが、広大な屋根開閉型の露天風呂があるみたいですね。


-------------------------------------------------------------------------------
湯上り後は町中を散策(/・ω・)/


しましたが、何もない(笑)

IMG_20180827_180139.jpgIMG_20180827_221549.jpg

神社と、シーボルトの湯の足湯があったので立ち寄りました。
歓楽街は、ちょっと活気がなかったですが、ピンク街だけは大繁盛していました(/・ω・)/


さて、今夜はこれでご就寝。
明日はおかんとお別れして、ひとり放浪に戻ります。

この記事へのコメント