別府放浪記2(竹乃井、竹瓦温泉)

北浜温泉テルマスを出て、宿泊地に向かいます。
IMG_20180725_152954-cd304.jpg
本日お世話になるのは『ゆわいの宿 竹乃井』
(※以下、竹乃井様より撮影許可いただいております。ありがとうございました。)


IMG_20180726_133524.png
チェックインの際に冷やし抹茶のサービスがありました( ・∇・)アリガタヤ-
若い女将さんを含めてスタッフの皆さん、とても親切に対応していただきました。ありがとうございます!(*´▽`*)


部屋に荷物を置いて早速お風呂へ三( ・∇・)


IMG_20180725_161142.jpgIMG_20180725_161113-4be2a.jpg
40℃ほどの内湯がひとつ、露天にはあつ湯とぬる湯がありました。
加水あり源泉88%のかけ流し。別府湾が近く、海風が気持ちいい(*´▽`*)

IMG_20180725_161218-08ade.jpg
泉質は塩化水素塩泉。モール系のクリアな茶褐色の湯色と、甘い油の香りがありました。
水質的には角質の再形成に期待が持てる美肌効果がありそうですね。

IMG_20180725_161512-6144b.jpgIMG_20180725_161546-eac74.jpg
ドライサウナもあります。
メトス製ガスストーブ、湿度はやや低めの頑張れば3名まで入れそうな小型サウナ。サウナの時間は15時から21時までなので、利用したい方は時間にご注意ください。

水風呂は残念ながらありませんので、
冷水シャワーで代用。海風が涼しいので外気浴でちゃんと冷えます( ・∇・)

夕方、太陽が落ちてきたので繁華街に散策へ。

IMG_20180725_095828.jpgIMG_20180725_100442.jpgIMG_20180725_100401.jpg
至るところに足湯や公衆浴場がありますねー( ・∇・)


LINE_P20180725_204159353-d38a4.jpg
ひと通り歩き回った後、やってきました別府温泉のシンボル的存在『竹瓦温泉』


LINE_P20180725_204159350-abecc.jpg
※4travel様より画像拝借

浴室はシンプルに内湯がひとつ。
洗い場やシャワーもありません。
脱衣場は内湯のロフト部分みたいなところにありますので、内湯と隔たりなく階段で繋がっています。


ケロリン桶と椅子はありますので、浴槽周りで身体を洗います。
お湯は熱めですが、「あちちっ!」ってなるほど熱くはないのでご安心を( ・∇・)


他、館内別の場所に砂湯もありました。
あと、竹瓦温泉では浴槽縁に座るのは禁止ですので、ご注意下さい( ・∇・)
縁にもたれてくつろぐのも、常連のおっちゃんがとても心配します(笑)
声がすごく大きなじいさまで、本気びっくりしました…(笑)
IMG_20180726_085200.jpg


お湯は加水あり84%源泉かけ流し。
水質は男湯が塩化物泉、女湯が炭酸水素塩泉。
塩化物泉は殺菌効果がありますので、怪我の治癒にも期待が持てますね。

それにしても、男湯と女湯で泉質が違うのってどういう構造になっているんでしょう?
気になります ・∇・)


竹瓦温泉を出る頃には、そろそろ晩ご飯のお時間。

LINE_P20180725_204159370.jpg
これまたDDDさんにご紹介いただいた『生一本』へやってきました。

LINE_P20180725_204159367.jpg
瓶ビールも大分仕様。
私、ビールはサッポロ黒ラベル派なので置いてあるのありがたい。コップがアサヒなのはご愛嬌。


LINE_P20180725_204159361.jpg
大分名物とり天。唐揚げほど重たくなくて、さっぱりとしています。


LINE_P20180725_204159359.jpg
こちらも大分名物、かんぱちの琉球ともずく。
琉球=ざっくり漬けの刺身みたいな料理です。


LINE_P20180725_204159377.jpg
帰りに商店街にあるジェラート屋さん『ジェノバ』でジェラートアイスをいただきました。


LINE_P20180725_204159374.jpg
紅茶のアイスをいただいたのですが、オマケでラズベリーのアイスもちょい足ししてくれました!( ・∇・)おっちゃん、ありがとう!
ジェラートはとても濃厚でほんと美味しかったです!(*´▽`*)

宿に戻って、もう一回お風呂入って就寝( ・∇・)明日は鉄輪温泉に参ります。

別府は温泉好きには初日から天国みたいな場所でした!

この記事へのコメント